予防歯科

予防歯科とは、定期検診、PMTC、フッ素塗布、ブラッシング指導などを主とした歯の病気を予防するための治療です。以下にその詳細をご紹介していますので、どうぞご参照ください。治療が終わって理想的な口腔環境を獲得しても管理がおろそかになると良好な状態をキープできません。

担当制歯科衛生士の継続メンテナンス

当サイトを監修する「フジハシ歯科医院」では、患者様一人ひとりに対し、歯科衛生士が固定で一人つく、といった担当制を導入しています。また歯科衛生士が患者様の予防歯科カリキュラムも組んでメンテナンスをしていくので、担当する患者様の状態を深く理解することができるため、最適なケアができるのです

歯科衛生士によるPMTC(プロッフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

pmtc1

pmtc2

pmtc3

pmtc4

口腔内の健康獲得とその維持のために行うクリーニングをPMTCといいます。普段のブラッシング状況なども考慮し、その方に合ったクリーニングを行います。磨き残しがあるとお口の中の細菌は、プラーク(歯垢)の固まりと、バイオフィルム(膜)でぬめりなどを作ってしまいます。そのぬめりはご自宅でのブラッシングだけでは除去できません。そこで歯科衛生士の施術によってみがき残しをなくし歯の表面を研磨することにより、バイオフィルムが再付着しにくい環境に整えます。

フッ素塗布

歯の表面にフッ素を塗布することで虫歯になりにくくなります。人間の歯の表面はエナメル質(ハイドロキシアパタイト)という半透明な硬い組織でおおわれていますが、虫歯になると溶けてしまうのです。フッ素を歯の表面に塗布することで、エナメル質をフルオロアパタイトという溶けにくい物質に変えることが可能になります。

ブラッシング

虫歯・歯周病予防で大切なことはプラークコントロールです。プラーク(歯垢)とは細菌の固まりのことですが、それをなくす鍵となるのがブラッシングです。ブラッシングは毎日行いましょう。重要性への理解を深めることが大事です。歯並びや生活習慣は個人によって異なります。一人一人に合ったみがき方を身につけていただき、大切な歯を守り、お口の健康を維持してゆきましょう。