歯周病

歯周病とは?

歯周病1

歯周病は、歯科の二大疾患の1つで日本人に多い病気です。現在20代の約7割、30代の約8割が歯周病にかかっているといわれています。歯周病になると歯茎が腫れ、簡単なブラッシングなどでも出血してしまいます。治療せずに放置しておくと次第に歯茎が痩せ、最終的には歯が抜け落ちてしまう病気です。原因は喫煙や食生活、ブラッシング不足などさまざまです。ひどくなった後に一生懸命治療しても手遅れになりますので、早めに治療しましょう。

歯周病になると…

歯周病の進行は非常に遅いため、気がつかないうちに進行していきます。多くの人は歯が動いてしまうのを感じた段階で、初めて症状を自覚します。

さらに歯周病は口腔内だけでなく、全身にも影響を及ぼすことが最近わかってきました。歯周病菌そのものが強い病原性を持っているわけではありませんが、歯周炎を起こした歯茎から歯周病菌が血液に入ってしまうと、全身疾患の原因にもなります。心臓・血管系疾患、細菌性心内膜炎、糖尿病などのさまざまな恐い病気を引き起こしてしまう可能性があるのです。

歯周病の進行

歯周病2

歯周病3

歯周病4

症例

歯周病症例 術前

before

歯周病症例 術後

after

口腔ケア・メンテナンス

虫歯同様、歯周病にならないためには、毎日のプラークコントロールが大切です。ブラッシングのときに歯茎が出血したら、すぐに歯科医院に行きましょう。医師による指導を受けることによって進行を防ぐことができますので、早めの治療をお勧めします。 当院では歯周病予防のために衛生士による継続的なメンテナンスを実施しております。プロケアーとセルフケアーを安定させることが歯周病で歯を失わないための一番重要な方法です。

大切な歯を守るため全力でサポートをしますので一緒にがんばりましょう。