info

歯と歯の噛み合わせの不一致は…。

審美歯科にまつわる診療は、「悩みのタネは果たしてどういったことか」「どういった笑顔を手にしたいのか」を余すところなく話合うことを前提に始められます。昨今では医療の技術開発が著しく進歩し、針の無い注射器やレーザーの治療器を使用することで、痛み...
info

外科処置を行う口腔外科という科目は…。

広がってしまった歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)には、汚いプラークが入り込みやすく、そこで固着してしまった際には、ハミガキだけおこなってみても、残念ですが完全には取れません。歯のレーザー処理は、ムシ歯そのものをレーザーの光で殺菌させ、しかも...
info

ムシ歯になる理由は…。

インプラント実施による有利なところは、入れ歯の問題点を補うことや、元々に近い歯に出来てしまうことや、インプラント以外の周辺の歯を守ることが言えます。歯を削って白くする作用をする研磨剤の入った練りハミガキは、どちらかといえば思わしくない役割で...
info

美しい歯にすることを中心に据えているため…。

歯科衛生士が在宅での医療において欠かせないのは、まず最初に患者の口内を洗浄して清潔にすることです。患者さんの口腔内が汚い状態のままだと、雑菌が増殖している不衛生なカスそのものを飲み込む可能性があります。口の中の唾液は、酸っぱそうなものや、お...
info

気になる口中の匂いを放っておくことは…。

口腔外科というところは、歯槽膿漏、ムシ歯、あるいは義歯の処置はもちろんのこと、他にも口内に起こってしまうバラエティに富んだ不具合に適合した診療科です。インフォームド・コンセントの取り組みは、今の患者の病状を明確に知ることで、それを解消する治...
info

口の中の乾き…。

長い間、歯を使い続けていると、外側のエナメル質はだんだんとすり減って薄くなるので、なかに存在している象牙質の色そのものが段々と透け始めます。歯の表面を削って白く見せる働きをする研磨剤入りの練り歯みがきは、敷いていえば消極的な役目ですが、歯が...
info

歯のメンテは…。

広がった歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の隙間には、特に歯垢が非常にたまりやすく、このように固着した場面では、歯のブラッシングだけやっても、すべて完全には除去できません。日々の歯ブラシでのブラッシングを隅々まで行っていさえすれば、この3DSが...
info

親知らずをオミットする時…。

数が少ない口腔外科という所は、歯槽膿漏、虫歯、或いは入れ歯の治療はもとより、他にも口腔内に現れてしまうあらゆる不具合に即した診療科目の一つです。自宅訪問する歯科診療のケースでは、該当処置が完了した後も口のケアをしに、ある一定のペースでいつも...
info

インプラントとは…。

今や医療技術が一気に進行し、驚くことに針のない無針注射器のシリジェットや痛みの少ないレーザーの治療器を使う事で、大幅に痛みを抑えられる「無痛治療」という手段が開発されています。歯をこの先も保持するには、PMTCが非常に大切なことであり、それ...
info

ドライマウスの代表的な異常は…。

美しい歯になることをメインの目的にしているため、歯の咬み合わせの確認などをなおざりにする例が、たくさん聞こえてくるのです。歯の持つ色は何もしなくてもまっしろであることはまず無く、人によっては多少差はありますが、大部分の歯の持つ色は、イエロー...
タイトルとURLをコピーしました