歯を失ってしまったら

歯を失ったときの選択肢としては「インプラント」「義歯」「ブリッジ」の治療があります。患者様の口腔内の状態に応じて、患者様と話し合い治療方法を選定します。以下に各治療法のメリット、デメリットを挙げていますので、治療を受ける際の参考にしてください。

インプラント

メリット

  • 審美性が高く、天然歯に近い歯を手に入れることができる
  • 健康な歯を一切削る必要がない
  • 天然歯と同じ感覚で噛むことができ、食べ物の食感を楽しめる

デメリット

  • 外科手術と同じ程度の手術が必要
  • 全身疾患のある場合や重度の糖尿病の場合には、治療ができないことがある
  • 治療費負担が大きい

インプラント

ブリッジ

メリット

  • 健康な歯と変わらないくらい見た目がキレイ
  • 固定式のため、装着しても違和感があまりない

デメリット

  • ブリッジを固定するために健康な歯を削る必要がある
  • 治療する隣の歯に負担をかける
  • ケアに手間がかかる

ブリッジ

義歯

メリット

  • 誰でも簡単に治療を受けることができる
  • 健康な歯を削る必要がない

デメリット

  • 違和感や痛みが生じる場合がある
  • 固い食べ物は噛みにくい場合がある
  • 発音に問題が生じる場合がある
  • 出し入れ式なのでわずらわしい
  • 金具などが見えたりするので審美的ではない
  • 隣の歯に負担がかかる
  • 顎の骨が痩せることがある

義歯

名称 インプラント ブリッジ 義歯(入れ歯)
審美性 良い 少し良い 少し良い
治療費 保険適用外 保険適用
(保険適用外もあり)
保険適用
(保険適用外もあり)
違和感 ない ある少しある ある少しある