インプラント

当院で使用しているインプラント

当院では、ノーベルバイオケア社のブローネマルクシステムを早期より採用することにより、数多くの信頼と実績を積み重ねております。また、インプラントに関する無料相談を行っていますので、ご気軽にご相談ください。

無料相談はこちら

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

1.診査・カウンセリング

患者様の普段の生活での口腔衛生管理などを含め、模型やレントゲン、場合によってはCTなどで充分に診査します。また以下の状態によって治療方法は変わってくるので、総合的に検討した上で治療計画を立てて患者様に説明いたします。

  • 失った歯の数
  • インプラントを埋め込む骨の厚みや高さ
  • 歯を抜く予定の歯根の状態
  • 残存歯の状態や噛み合わせ

2.一次手術

インプラント01

歯のない部分の歯肉を切開し、顎(あご)の骨にインプラントを埋入します。そして歯肉を上から被せていく手術です。手術時間は本数や部位により個人差があります。手術の翌日には通常の生活が可能です。

3.治療期間

手術後、近日中に手術部位の確認と消毒を行います。前歯など目立つ部位は、この段階で仮歯を入れる場合もあります。患者様の状態により異なりますが、手術後一週間後くらいには、手術をした部位全部の抜糸をして仮歯を入れます。その後3~6ヶ月間ほどインプラントと顎の骨が完全に結合するのを待ちます。

4.二次手術

インプラント02

埋入したインプラントの先端部分を露出させ、人工歯と連結させるためのアバットメント(歯冠部)を取り付けます。

5.人工の歯を作製・装着

インプラント03

人工歯を被せるために必要なアバットメント(歯冠部)を連結し、人工歯を作製します。形や色など患者様の今ある歯の形や色に合わせて作製し、人工歯をインプラントに装着して固定します。

6.インプラント治療が終わったら…

人工歯を被せても、インプラント治療は終了ではありません。医師の指導に従い、インプラントを長持ちさせるためのメンテナンスをすぐに開始します。また、定期健診で噛み合わせのチェック、骨の検査、被せた人工歯の緩みなどの検査を行います。ご自身でお口の中を清潔に保つこと(プラークコントロール)も大切です。

7.ノーベルガイドシステム

上記2~5までは一般的な治療の流れですが、より利便性の高い方法が開発されました。 CT画像をコンピュータ処理する事により、予め顎の骨を三次元で的に解析して上部構造を製作する事により、手術当日にインプラント義歯を装着する事も可能になりました。
詳しくは、コチラをご覧になって下さい。