審美歯科

審美歯科の概念

審美歯科とは一般的な歯科治療に加え、見た目の美しさを求めた治療です。しかしただ美しくなれば良いという治療ではなく、口腔内本来の機能を優先しながら、より美しく自然に見せる治療なのです。審美治療にはオールセラミック、ラミネートベニア、セラミックインレー、ホワイトニングなどが主に治療に取り入れられています。以下にその詳細をご紹介していますので、どうぞご参照ください。

オールセラミックス

単体のセラミック(陶材)製の被せもののことです。これは歯を約1~1.5mmほど削り、その上にセラミックを被せる治療で、歯並びだけでなく見た目も美しく変えます。短期間で美しい口元に変えたいという方に適した治療法です。また使用するセラミックは天然歯と同じくらいか、それ以上の強度がある陶材なので、金属アレルギーを引き起こす心配がありません。変色もなく透明感があります。

ラミネートベニア

歯の表面だけを薄く削り、セラミックを貼り付けて審美的修復を行う治療法です。歯の色、形、詰め物の変色などの問題を、よりダメージの少ない方法で解決できます。セラミックのみの修復なので歯茎との境目や歯の色、透明度はより天然歯に近く、自然な仕上がりです。

ラミネートベニア1

ラミネートベニア2

ラミネートベニア3

セラミックインレー

虫歯を削ったところにセラミックを詰める方法です。「セラミック」と「ハイブリットセラミック」の2種類があります。前歯だけでなく、奥歯においても白く美しい歯を望まれる方にお勧めです。治療は虫歯を削って型を採り、次回にセットするという2回で終わる簡単な処置です。

ホワイトニング

お茶やコーヒー、タバコなどによる変色した歯を白い歯にする(漂白)治療法です。ホワイトニングには「オフィス・ホワイトニング」と「ホーム・ホワイトニング」があり、「オフィス・ホワイトニング」は歯科衛生士が専用機材を用いて施術する方法です。それとは逆に「ホーム・ホワイトニング」はご自宅で好きな時間に行える方法です。「ホーム・ホワイトニング」は歯科医院で歯の型を採って、その型をもとに専用のカスタムトレーを作製し、カスタムトレーとホワイトニング剤を使用します。――ホワイトニング以外でも毎日のブラッシングを怠ってしまうと変色してしまいますので、ちゃんとブラッシングをしましょう。