義歯

義歯の種類

部分入れ歯

部分入れ歯

部分入れ歯を装着するには、健康な歯の保全が必要になります。また装着には入れ歯のメンテナンスが大切です。保険が適用できます。

総入れ歯

総入れ歯

現在の総入れ歯は大変精巧なものになっていて、しっかり噛めて話しやすくなります。保険が適用できます。

レジン床入れ歯

レジン床入れ歯

歯茎に当たる部分がプラスチックで作られた入れ歯です。プラスチックなので、落とすと割れてしまうことがあります。保険が適用できます。

金属床入れ歯

レジン床入れ歯

レジン床入れ歯

歯茎に当たる部分が金属でできている入れ歯です。使用する金属は、ゴールド、コバルトの中から選定できます。通常のプラスチックの入れ歯より薄くできているため違和感なく熱を伝え、美味しく食べることができます。

バルプラストデンチャー

レジン床入れ歯

材質が半透明で歯茎の色調と同化するので、入れ歯が入っているようには見えません。また、金属アレルギーを引き起こす心配もなく、破折に強い弾力性がある素材のため、お口の中が快適です。

コーヌスデンチャー

クラスプ(入れ歯をおさえる金属)がないタイプの入れ歯です。咬合力をうまく分散させ、支台歯(クラスプのかかる歯)を長く使えるように考えられた入れ歯です。

シリコン

シリコン入れ歯とは、義歯床の一部がシリコンで作られている入れ歯のことです。シリコンはやわらかいので、入れ歯が歯茎に当たって痛いということがなく、口腔内での違和感がありません。

チタン

チタンは安定した皮膜におおわれていて金属イオンが溶け出さないので、生体親和性に優れています。金属アレルギーの心配もなく、金属味がほとんどないので、味覚に変化が起こらず食事を楽しめます。