info

info

昨今では医療の技術が向上し…。

管理は、美容歯科に関する療治が完遂し理想通りの出来だったとしても、忘れずにずっと続けていかないと以前のままに後戻りします。歯のホワイトニングは、歯の表面のエナメル質の汚れた物質等を念入りに排除した後に行いますが、自宅で自分でできるホームホワ...
info

口の臭いを抑える働きのあるドリンクに…。

ここ最近では歯の漂白を経験する方が確かに増加していますが、そうした際に使う薬剤が要因となって、歯がしみる感じのする知覚過敏の表面化を誘発する可能性がありえるのです。口内の唾は、酸味の強そうなものや、美味しそうに見えるものを目の前にしただけで...
info

昨今では歯周病の元凶をシャットアウトする事や…。

昨今では歯周病の元凶をシャットアウトする事や、原因となる菌に感染した部分をクリーンにすることで、組織が再び再生することが促されるような治療方法が実用化されました。歯牙の表面を覆っている硬いエナメル質のすぐ下の部分から、口腔環境を示す酸性度が...
info

きれいな歯にするのを中心に据えているため…。

歯科医師による訪問診療の場合では、該当治療が済んだ後も口腔内をケアをしに、一定の頻度で歯科衛生士達が、伺うことが何度もあるのです。恥ずかしい話ですが日本は歯の病気予防については関しまして後進国と言われており、欧米人に比べると、実際は日本人の...
info

唾液分泌の低下…。

現段階で、虫歯の悩みを持っている人、ないし以前に虫歯を患っていた人、実に日本人の9割もの人がこのような虫歯菌を、間違いなく保持しているのです。これは顎を動かすと同時に、顎の関節にカクカクという異音が生じるもので、この病気の症状としては一番頻...
info

入歯というものに対して想像する負の心情や良くない固定概念は…。

日本は予防に関しては後進国と呼ばれ、欧米人と比べて、実は日本人の歯の使用期間が短縮し続けています。元来歯に限らず予防全般に取り組もうとする感覚が違うのでしょう。私たちの歯の外側の生体で最も硬いエナメル質のすぐ下の部位より、口内環境の指針であ...
info

先に口のなかに矯正装置をはめこんで…。

口腔内の乾き、歯周病以外にも、入れ歯の使用で起こる口の臭いなど、加齢と口の臭気の因果関係には、とても膨大な要因が関わっているようです。部分義歯を含む入れ歯に対して思い描く後ろ向きなイメージや先入見は、自らの歯で噛んだときとのギャップを比べて...
info

キシリトールはムシ歯を阻む機能が認められたという研究が公表され…。

大人になっても永久歯は虫歯になりますが、乳歯は構造上、永久歯より酸への耐性が劣るため、お手入れを手抜きすると、ムシ歯はすんなりと重症になります。長いこと歯を使い続けていると、表面を覆うエナメル質はだんだんと消耗して弱くなるので、なかに存在し...
info

歯と歯の噛み合わせの不一致は…。

審美歯科にまつわる診療は、「悩みのタネは果たしてどういったことか」「どういった笑顔を手にしたいのか」を余すところなく話合うことを前提に始められます。昨今では医療の技術開発が著しく進歩し、針の無い注射器やレーザーの治療器を使用することで、痛み...
info

外科処置を行う口腔外科という科目は…。

広がってしまった歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)には、汚いプラークが入り込みやすく、そこで固着してしまった際には、ハミガキだけおこなってみても、残念ですが完全には取れません。歯のレーザー処理は、ムシ歯そのものをレーザーの光で殺菌させ、しかも...
タイトルとURLをコピーしました