info

info

嫌なことに歯肉炎ができると…。

なり始めの頃は歯周病を引き起こす細菌が歯の表面にくっついてしまい、それが引き金となって歯肉が炎症を起こして赤く腫れてしまったり、ハブラシで歯を磨くと毎回出血してしまうような状況が歯肉炎の特性です。つい最近になってホワイトニングを経験する人が...
info

ある研究で分かったのは…。

ある研究で分かったのは、顎の関節がおかしいという自覚症状のまったくない人でも、全体の約4割の人が口を開けたり閉じたりする場合に、これとそっくりな奇妙な音が起こるのを分かっていたそうです。PMTCを利用することで、毎日のハブラシを使った歯の手...
info

気になる口臭を抑制する効用のある飲物として…。

口腔内の乾燥、歯周病以外にも、義歯を使うことで生まれる口臭など、年齢と口の臭いの関係性には、思ったよりも多くの素因が考えられます。眠っている間は唾液の量が非常に少なくなるので、再び歯を石灰化する作用が働かないため、phが不安定な口中の中性の...
info

口腔内が乾燥するドライマウスは…。

睡眠をとっている時は分泌する唾液量が一際微量なので、歯を再び石灰化する働きが停滞するため、phバランスの悪い口腔内の中性のphバランスをそのまま維持することが困難だとされています。歯科医による訪問診療の治療では、医師の処置が済んだ後も口の中...
info

インフォームド・コンセントの提案は…。

歯垢のことを一体あなたはどれくらい知っているでしょうか?テレビやCMなどで四六時中聞かれるので、初めて耳にする言葉、と言うことはないのではないかと感じています。デンタルクリーニングというのは、歯周病の元となる菌の増殖を阻む秀逸な方策だと、科...
info

初期の頃は歯周病を起こす原因菌が歯の表面に付着してしまい…。

まず最初は、歯みがき粉を使用しないでしっかり歯磨きする方法を覚えてから、仕上げの時にちょっと歯みがき用の洗浄剤を付けるようにするときれいに歯をブラッシングできるようになるでしょう。初期の頃は歯周病を起こす原因菌が歯の表面に付着してしまい、そ...
info

厄介な歯肉炎を発症すると…。

私達の歯の表層を覆っている硬いエナメル質の真下の部分から、口腔内環境の指針である酸度が低くなりPH(ペーハー)値が5.5~5.7より小さい値になると、歯を形成するリンやカルシウムが溶解してなくなってしまいます。甘いお菓子をたくさん食べすぎ...
info

口中に口内炎の発症する遠因は…。

歯周病やむし歯などが痛み出してからかかりつけの歯科に駆け込むケースが、大多数だと思いますが、予防のケアのためにいつもお世話になっているデンタルクリニックに出向くのが実を言うと理想の姿でしょう。診療機材などのハードの側面について、現時点の高齢...
info

実は唾液は…。

口内炎のレベルやできてしまった箇所次第では、舌がただ動いただけで、大変な激痛が生じるため、ツバを飲み下すのさえも辛くなってしまいます。口腔外科というのは、歯槽膿漏、ムシ歯、更には入れ歯等の治療に加えて、他にも口腔内に起こるありとあらゆる障害...
info

セラミックの技法と言えど…。

セラミックの技法と言えど、色んな種類と材料が開発されているため、歯医者としっかり相談し、自分向きの施術方法を吟味してください。どのような労働者においても言えますが、歯科衛生士みたいに患者のいる医療機関に身を置いている人は、とりわけ勤務中の服...
タイトルとURLをコピーしました